2018年6月

エッセイ

僕はレールがあるという世界から降りてみようと思った

こう生きるべきという呪縛から離れることは怖いかもしれない。  
          
ただ、それぞれの人たちが異なる思いを持って行う人生の巡礼は、怖かろうが怖くなかろうが、すべての人に開かれていて、ただ自分から湧き上がってくるものを大切にすることでなし得るものなのだ。

インタビュー

インタビューvol.9 佐々木薫さん「本質をみる」

「ファシリテーター」という言葉を使わなければいけないこと自体が異常事態なんです。思い起こせば子どものときに近所におっちゃんがいて、「あのおっちゃんがいると何か知らないけどみんなニコニコして丸く収まるんだよね」というような人がいたんですよ。きっといたし、今でもいるんだと思うんです。